トップページ > 住まいのお悩み解決! > 真夏の日差し対策

真夏の日差し対策

暑さ対策は「日差しをいかに防ぐか」が最大のポイント

室内に侵入してくる熱の70%以上が、窓などの開口部から入ってくると言われています。
特に夏場は太陽の日差しが入りこむだけで室温を上昇させるため、いかにして日差しを室内に入れないかが暑さ対策のポイントになります。

 

ブリイユシリーズは、昔ながらの日差しを遮る「よしず」のように、夏を快適に過ごすお手伝いをします。

真夏の日差し対策

「暑い」と感じる一因『輻射熱』とは?

人が感じる「暑さ」は、温度だけで決まるものではありません。

それより体感温度に影響を与えるのが「輻射熱(ふくしゃねつ)」によるものです。


例えば気温が同じはずなのに、日なたでは暑く感じ日影に入ると涼しいと感じる経験はありませんか?

これが輻射熱の最たる例。これと同じように、雨戸やシャッターを開けたままの室内では暑い日差し(輻射熱)が家の中にたくさん入りこみ、室内の床や壁が温められ室温全体が上がってしまうのです。

日差しや輻射熱から暮らしを守るために

日差しが強い日に室温上昇を防ぐには、室内に日差しを入れないだけでなく家や窓の外側で日差しを遮ることが重要です。

そのための道具として、次のようなものがあります。

すだれ・よしず
すだれ・よしず
古来からある日よけ道具。耐久性が低いので、頻繁に交換する必要があります。風に弱いところも難点。
フィルム
フィルム

窓ガラスにフィルムをはることで、室内に侵入する日差しを防ぎます。ただし、冬の暖かな日差しも反射してしまいます。

オーニング
オーニング

日差し角度(日射角度)の変化や日射角度が低い時の効果が乏しく、風に弱いのが難点。また隣地境界線の確認が必要です。

外付ブラインド
外付ブラインド

ルーバーを調節することで、暑い日差し(輻射熱)を遮りつつ通風が可能。冬はフルオープンで暖かな日差しをしっかり取り入れられます。

外付ブラインド「ブリイユ」の効果

ブリイユは、太陽の日差し・光・風を自由にコントロールできる窓の外側に取り付けるブラインド。

 

窓の外で熱を遮るため外遮熱効果もあり、太陽の輻射熱を80%もカット。冬場はブラインドを開けておくことで、家の中に日差しをたっぷり取り込め、暖かい環境をつくることができます。

 

また、ルーバーは自在に調節でき、日差しを遮りながら家の中に自然の風をたくさん取り込むことが可能。クーラーに頼り過ぎない快適で健康的な生活を送れます。

イメージ

ブリイユシリーズ

製品一覧はこちら

取り付け窓や、大きさ、用途に合わせて各種取り揃えております。
その他のモデルもご覧ください。

_banner_b-01.jpg _banner_c-01.jpg _banner_s-01.jpg _banner_j-01 (2).jpg

お問い合わせ・資料請求

「お問い合わせ・資料請求フォーム」または最寄りのショールーム、オイレスECO株式会社の営業所・拠点より承ります。

  • お問い合わせ・資料請求
  • ショールームのご案内
  • 営業所・拠点のご案内

ページトップへ

資料請求へ

資料請求